読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ抽出スクリプト設定手順

データ抽出スクリプト

===
1. データを抽出したいスプレッドシートを開きます

 

===
2. スクリプトエディタを起動

f:id:xxshokoxx:20160208153038j:plain

 

===
3. リソース→ライブラリ

※この時スクリプトの保存を求められるので、適当な名前で保存する

 「{スプレッドシート名}のスクリプト」など

f:id:xxshokoxx:20160208153354j:plain

 

===
4. プロジェクトキーを入力して、選択を押す

f:id:xxshokoxx:20160208153708j:plain

 

===
5. 識別子は変えず、バージョンを最新にして保存

f:id:xxshokoxx:20160208153906j:plain

 

===
6. コード.gs内の「function myFunction(){}」を全て削除して、以下のコードを張りつけ

function onOpen() {
  ExtractSheetData.setMenus();
}
function update() {
  ExtractSheetData.extractData();
}

https://i.gyazo.com/26e99987b85c03d67c6fe8d2643d7625.gif

===
7. onOpenを実行する

https://i.gyazo.com/462281257fcdd097f7bb9e361b670d4a.gif

===
8. 「承認が必要です」と言われるので許可する

 

===
9. 「EX設定」というメニューが増えているので、下の方の「設定」をクリック

f:id:xxshokoxx:20160208154531j:plain

===

10. 「exConfigシートを作成します」「exConfigシートを開いてください」が出た結果

f:id:xxshokoxx:20160208154742j:plain

===
11. 「シート名」「セル」「code」を埋めて、「EX設定」→「データ抽出テスト」を行うと、「コピー先Spreadsheet」のSpreadsheetにコピーされます

 

===
12. 定期実行設定を行う。ツールスクリプトエディタを再度起動し、

  現在のプロジェクトのトリガー選択

f:id:xxshokoxx:20160208155509j:plain

 

===
13. 「update」メソッドを任意のタイミングで呼び出すようにする

f:id:xxshokoxx:20160208155618j:plain